初!

2005年08月22日

RunningBook33.gif  ひさびさに BookCrossing ネタ。


 「大きな意味はありません」の のぶさんのドキドキ感あふれるレポートにとっても影響をうけ、街中での本のリリースに初挑戦してきた。

 場所は、横浜市港南区の上大岡。京急百貨店とウィング上大岡という2つのショッピング施設が一体となったエリアだ。店内にはかなりたくさんのベンチが配置されているうえ、コーヒーショップやハンバーガーショップなどおあつらえむきの店も多く、作戦決行の場としてふさわしい(ニヤリ)。

 リリース1冊目は『前田建設ファンタジー営業部』。表紙がかわいらしいので、カップルが座るベンチに置いておけば、きっと手に取って「なんだろ、これ?」的に話が盛りあがるのではないか、と勝手に期待をふくらませる。
 で、ベンチに座り、しばらく別の本を読みながら機会をうかがっていると、目の前で高校の同級生らしき男女が偶然出遭ったようだ。話がもりあがっている。チャ~ンス!とばかり席をたとうと思ったちょうどそのとき、なんと僕のとなりにコワモテのお兄さんが……。
 仕方がないのでしばらく読書タイムを続け、両者ともいなくなったところで席をたった(笑)。

 2冊目は『本田宗一郎 夢を力に』とやや硬派。ここはひとつ気合いをいれて、スターバックスに向かうことにした。
 アイスカフェモカをオーダーし、店内を見渡すと窓際のカウンター席に20代後半と思われる男性が一人で本を読みながら座っている。今度こそチャ~ンス!。同じカウンターの3つほど離れた席に座り、またしばらく読書タイムをとることにした。
 コーヒーも飲み終わり、しばらくたった頃にHONDA本をセットにかかる。
 「窓際のこの位置におけば、座席をたつときにこのお兄さんの目に入るだろう」と準備万端整ったところで、なんと僕と彼の間に別の女性が座ってきた。あぁ……。
 まぁ、いい。とにかく呼びとめられては元も子もないので、女性がオーダーしたドリンクを取りにいっている間に店をあとにした。

 リリースしてからすでに6時間ほどたつが、いまのところまだ BookCrossing 上にはキャッチした旨の報告はあがっていない。うまく次につながってくれることを祈りつつ、また次の本のリリース計画を練ることにしよう。

■関連エントリ
旅する本をつかまえろ
旅立ちを待つ本たち
日本でBookCrossingを流行らせるには?

※上であげたような BookCrossing でのやりとりに興味のある方は、ぜひ次のページもご覧ください。(リリース経験ありの方もまだの方もお気軽に!)

 ▼Idea/読み終わった本を旅に出す (Knowing-Doing)

【今回、リリースした本たち】
前田建設ファンタジー営業部
前田建設工業株式会社著



追伸:
 今回も本に貼るラベルは、だいすけさんのサイト日本語訳ラベルをお借りしました。どうもありがとうございます!

2005/8/29追伸:
 本日現在、サイト上では拾った人は現れていません(残念!)
 なお、BookCrossing 上の自分の本棚へは以下の URL でもアクセス可能です。ドメインをとったみたいでなんだか得した気分 (^^;
 http://<ユーザID>.bookcrossing.com/

 ※のぶさんのレポートにTrackbackを打ったつもりが飛んでいなかったようなので再度はらせてもらいました。


at 00:41│コメント(2)トラックバック(0)

2005年04月25日

ぽかぽか暖かかった土曜のお昼どき、噴水の水音が聞こえる公園でお弁当を食べながら、ふと

 「そういえば、耳に心地よい4文字単語っていっぱいあるなぁ」

と考えた。

  くつろぎ
  せせらぎ
  ほほえみ
  ささやき
  よろこび
  かがやき
  ・・・ etc.

そんなこんなでメモを取っていると、上に挙げた言葉にはある共通点があることに気がついた。勝手ながら今後これを「くつろぎの法則」と呼ぶことにする。

その法則とは、次の通りである。

「快」をあらわす4文字単語は、

 1.最後の母音がiで終わる
 2.頭2文字は同じ母音が続く

 という特徴をもっている。

あ~、忘れないうちにblogに書けてよかった。すっきり、すっきり。

追伸:
 そういえば、「またたび」も法則を満たしてるなぁ。
 

at 00:47│コメント(4)トラックバック(1)

2005年03月13日

ネット上にはほんとにいろんなサイトがある。
windfallさんの知の冒険 経由で、また1つおもしろいサイトを見つけた。

▼"Someone keeps stealing my letters..."
 http://web.okaygo.co.uk/apps/letters/flashcom/

Flashでできた文字を奪い合うという単純なゲームなんだけど、同じページを見ている人はお互いにアルファベットを動かすことができる。

僕が参加したページでは、ある人がエッチな単語をつくろうとしてたり、ある人は同じ色を集めようとしてるし、またある人は”BOKU DORAEMON”なんて言葉をつくって楽しんでいた。

各人各様の思惑がうごめくこのサイトでしばらく過ごしていると、思いもかけず感動の瞬間に遭遇した。なんと参加者全員でこんな形(↓)をつくりあげたのだ!

img20050313.jpg


実際には、壊そうとする人や真ん中にセリフを書こうとする人もいたのだけれど、みなでそれを阻止し、いびつだった形を整えながら、ついにはきれいなハート型に!

参加者の心が1つになる不思議な体験。すご~く得した気分になった。

at 00:23│コメント(3)トラックバック(0)

2005年02月20日

今朝、地下鉄の構内でちょっと不思議な光景にでくわした。

アイマスクをした人と引率する人のペアが5組ほど、プラットホームからエスカレータを昇って改札口に向かっていたのだ。

胸につけておられたゼッケンから「ガイドヘルパー」の実習だということがわかり、納得。こういう実地体験ってまさに「やってみる」ことに価値があるんだろうなぁと思う。

地上にあがってから僕も目をつむって歩いてみた。

 1歩、2歩、3歩…

目をあけていたときに障害物がないことを確認していても、10歩目くらいになると徐々に前方に気配を感じ、20歩目にもなると自然と歩幅が小さくなっていた。普段、いかに多くの情報を視覚から得ているかを実感。と同時に、いまこうして目が見えるということに深く感謝!

機会をみつけて試してみたい。

▼参考URL
ガイドヘルパー要請講座
 (NPO法人 アミューズメント・バリアフリー協会)
ガイドヘルパーについて/ガイドヘルパーの必要性
 (アイ・ヘルパースクール)


hirocの七徳 実践記録■(昨日の結果)
続きを読む

at 23:59│コメント(0)トラックバック(0)

2005年01月14日

先日のエントリで募集したところ、おかがさまで読了本 59冊のうち20冊ほどの引き取り手がきまった。

いよいよ明日から BookCrossing の仕掛けをつかって、我が家から旅立っていく。
僕としても初の体験なのでワクワク&ドキドキである。

どの本にとっても、いい旅になるのを願うばかりだ。
GOOD LUCK!


追伸:
 欲しい本の応募は本日(1/14)いっぱい受け付けています。
 リストアップされた本自体に興味のある方、本を旅させるというコンセプト自体を面白がれる方、おられましたら以下のURLからご応募ください。

 ▼旅立ちを待つ本たち

at 18:16│コメント(0)トラックバック(1)

2004年12月12日

ダメでもともと。当ればラッキー。
そんなことを考えつつ、最近いろんなものに応募している。無欲だと結構当るのだ。

今日は、ちょっと前に息子の名前で応募して当った「横浜ベイスターズチャリティートークショー」に行ってきた。お目当ては三浦大輔投手と相川亮二捕手。野球好きな我が息子は二人を間近でみれる機会に大はしゃぎ!

1時間半にわたって、アテネオリンピックのこと、ストライキのこと、私生活のこと、リーゼントのこと、新監督(牛島さん)のこと、などなど色んな話を聞かせてもらった。二人とも話が上手かといえばそうでもないのだが、それでもやっぱり聞き入ってしまうのはプロとして奮闘している人の放つオーラのせいなのだろう。

プロ野球といえば、結果がすべて数字で出てくる厳しい世界。その中で数字以上の輝きを発するのは、その人の真摯さ・誠実さなのかもしれない。そんなことを考えたイベントだった。

at 23:15│コメント(0)トラックバック(0)

2004年11月02日

月がかわったばかりですが、さっそく今月の初体験!

朝から他社の方とホテルのレストランでお話をしてきました。
これって「パワーブレックファスト」って言うんですよね?

夜に飲みながら話すのもいいけれど、朝限られた時間の中で1時間半話すのも、なかなか濃密な時間でマル。くせになりそう!

▼参考(?)URL
NBI対談 第2回 with Hirotaka Takeuchi :タマゴですか!
早朝ビジネス 眠る需要掘り起こす(12月18日) :一人でも言うのか…。

at 12:42│コメント(0)トラックバック(0)

2004年10月23日

takumi2.jpg食べた、食べた、食べました。
ず~っと気になりつつも機会がなかったのだけど、今日の昼についにチャンス到来!

 ▼ニッポンのバーガー 匠味(たくみ)

僕が頼んだのは「匠味チーズ」 670円也。

いきなり「お時間20分ほどかかりますが、よろしいですか?」との問いかけあって、他のメニューとは違うことが宣言される。いやがおうにも期待は高まる。

15分ほど席に座って待っていると、「本日の製造責任者」の直筆署名入りカードとともに運ばれてきた。僕もその昔に某ハンバーガー屋でバイトしてたことがあるけれど、「twelve burger please!」の声につきうごかされてひたすら作ってた気がする。自らの名前を出してお客さんに提供するという気概はなかったなぁ。そんなわけで、「そっか、僕だけのためにつくってくれたのか」と妙に嬉しくなった。(ありがとう、そしてごちそうさまでした > Hさん)

で、匠味の味は噂にたがわぬ美味さ。なんといっても肉がやわらかでいい。たまねぎも香ばしくて醤油ベースのいい味がついているし、パン(バンズ)も通常のバーガーとは違うらしい。ボリュームも十分で1個でおなかいっぱいになった。

ほんの少しの贅沢で、お腹も心も大満足。ついつい人に話したくなる(笑)。
体験を売るってのはこういうことなんだなぁと実感した週末でした。


at 20:57│コメント(2)トラックバック(1)

2004年09月29日

リニューアルしたドリコムブログもようやく落ちついてきた模様。昼夜なくシステム改善に奮闘されているドリコムのみなさん、おつかれさま&ありがとうございます。
#ソフトウェア開発会社に見を置くモノとしてとても他人事とは思えません。

さて、一日早いけど投稿してしまおう。
今月の初体験は、「陸上競技を生で観戦」である。

行ってきたのは9月23日に行われたセイコー スーパー陸上2004ヨコハマ

陸上競技をスタジアムで生観戦するのは初めてのこと。ハンマー投げ、100m、棒高跳び、400mリレー、走り高跳びなどなど、次々と行われる競技を前に子どものように「おぉ~!」とか「あ~惜しい…」「速~」などと声をあげまくった。

それにしても、あんなに同時平行でいろんな競技が行われているとは知らなかった。他の競技で観客が沸いているなか集中するにはすごい精神力がいりそうだ。

見ていておもしろかったのは、選手それぞれに集中力を高める「型」があること。観客に手拍子を要求する人もいれば、静かに投擲に入る人もいるし、儀式のように一連の動作を繰り返している人もいる。きっとそこへ到達するには試行錯誤の連続だったろうし、いまでもまだ満足がいかず模索中かもしれない。とはいえ、現時点でのベストと思われる「型」を実行することにより、競技そのものへのリズムがうまれてくるのだろう。

よいリズムを生むための自らの「型」、見出していきたい。

murofushi-san.jpg追伸:
 全競技が終ったあと、室伏広治さんへのアテネ五輪ハンマー投げ金メダル授与式があった。式典のあとには場内一周パレードもあり、会場に残った大勢の人たちが総立ちで拍手をする姿を見て、とてもあたたかい気持ちになれた。この場に立ち会えたことに感謝!

at 06:26│コメント(0)トラックバック(0)

2004年08月31日

昨晩から今朝にかけての台風すごかった。横浜では進路から外れていたのに、かなりの風でびっくり。

はてさて、唐突ではあるが「今月の初体験!」カテゴリを作成したので、今月から月末日に投稿することにしたい。

・・・なんて決めてみたが、ぱっと思いつかない。(^^;

8月は、あっちゅう間だった気もするし、意外と長かったような気もする、そんな1ヶ月だったけど、いったい何をしただろう?

初バリウムなんてのもあったけど、これは義務だったのでパス。

あとは…、あ、あった、あった。
今月の初体験は「流行ってない店の店長の気持ちになる」だ。

近所にある薬局チェーン。1年ちょっと前にできたのだが、正直言って流行っていない。「いつ潰れるんだろう」と不順な興味をもって眺めていたのだが、この1ヶ月は店長になったつもりで眺めている。

それもこれも、1ヶ月前に立ち上げたサイトが思うように動き出していないから(苦笑)

・どんな商品が並んでいると魅力がでるだろう?
・どんな体験ができればお客さんがびっくりするだろう?
・どういうPOPを打てばお客さんが興味をもつんだろう?

まだ答えを模索中だけど、これからも親近感をもって眺めていこうと思う。

▼関連サイト
Knowledge/毎月、初体験をするKnowing-Doing

2004/9/3追記:
 そういえば、スタジアムでのサッカー観戦ってのも初体験。芝生に座ってゴールそばで眺める試合はTV観戦とはまた違った雰囲気。ゴールの瞬間も間近で見れてよかった!応援団長のおっちゃんも最高。ああいう熱い人は必要だ。

at 13:02│コメント(0)トラックバック(0)