践!

2006年01月08日

先日、2006年から2010年の5ヵ年計画(野望?)を載せたのにつづき、今年1年の目標について考えた。

発想七日!の新年1発目のお題「【黄金の金曜日】2006年の目標」に反応する形で、あれもこれもではなく1つだけに絞って…。

● 1. 2006年の目標を一つだけ教えてください。

 2006年12月31日までに、各界のアイデア実践人(*)たちが Knowing-Doing(ノゥイン・ドゥイン) 上でお互いの気づきやノウハウをイキイキと交換している状態になること。(目安としてコミュニティの規模は 1,000人程度)

*アイデア実践人...自らのいる場所(組織)の価値を高めるために、新しいアイデアを外部から入手し、フィットする形にしたうえで実践する人。

●2. なぜそれを目標にしたのですか?

 「アイデア実践人」という存在は、今後 各組織のなかで重要な役割を担うはず。一方で、こういう人は実践のための情報やノウハウに飢えていて、そんなやりとりができる場所を求めているから。

 あと、僕自身が「アイデア実践人」を志向しており、こういうコミュニティが賑わってくると自分も恩恵を受けられるから。

●3. その目標は、あなたにとってどのくらい大変ですか?

 かなり大変。
 「寝ててもできる」を1、「天地がひっくりかえってもできない」を10とすれば 8 くらいの難しさ。とはいえ、考え方を変えれば不可能の話ではない、と思っている。

●4. その目標が達成されたとき、一番喜ぶのは誰ですか?

 コミュニティに参加してくれているコアな人たち。
 あと、僕自身(笑)。

●5. その目標が達成されたとして、次の目標は?

 5ヵ年計画に書いたとおり、コミュニティへ提供するサービスの質を高め、2010年までにビジネスへと育てあげること。具体的には、NPO または企業を起こすこと。

 * * *

というわけで、恥ずかしげもなくぶちあげた。
12月に笑顔でこのエントリをふりかえれますように!!


at 00:10│コメント(0)トラックバック(1)

2006年01月06日

先日読んだ『企画心』にて紹介されていた「五感を磨くためのチェックリスト」がおもしろい。

五感を磨くための「行動」をあげ、毎月それがでてているかをチェックするもの。

著者阪本さんが例にあげていたのは、次のような行動。(p.160)
・映画館に行く
・演劇に行く
・美術館に行く
・音楽会に行く
・旅に出る
・海を見に行く
・小説を読む
・人気の店に行く
・運動する
・初体験する
・楽器を演奏する
・料理する
・食事マナーを学ぶ
・掃除する
・くだらない買い物をする

マスコミやネットを通じて入ってくる情報を追うのではなく、普段触れないものを意識的に体験する。それによって、美意識、見えないものへの敬意、こころの豊かさを得ようとする。こういいう行為が、最高品質の企画を目指し、自分自身もQOLの高い生活をするために大切なことのようだ。

おおいに納得したので、オリジナルをもとにMyチェックリストをつくることにした。ver1.0は以下の10個でスタート。
・映画館に行く
・美術館に行く
・小説を読む
・人気の店に行く
・初体験する
・楽器を演奏する
・くだらない買い物をする
・スゴイ人に会いに行く
・ステキな人をウチに招く
・掃除する(捨てる)

at 07:46│コメント(0)トラックバック(0)

2005年11月27日

発想七日!にておもしろいお題を発見。

 ▼【黄金の金曜日】頭字語(Acronym)

★今週のお題★
「お気に入りの頭字語」

味付けの基本は「さしすせそ」。仕事の基本は「KISS」。
頭文字をつなげて大事なことを覚えるのは、洋の東西を問わない生活の知恵。
仕事の心得、何かを忘れないためのチェックリスト、何でも構いません。
あなたが折に触れて思い出すような「頭字語」はありますか?
ただ単に「面白い頭字語(Acronym)」でもOK。日本語でも英語でも。

というわけで何かないかと考えたところ、リチャード・S・ワーマン氏が提唱する「LATCHの法則」を思い出した。
(出典:『それは「情報」ではない。』

ワーマン氏によれば、「情報を分類する方法」は次の5つだけ、らしい。

・Location(位置)
・Alphabet(アルファベット)
・Time(時間)
・Category(分野)
・Hierarchy(階層)

Hierarchyの定義はこんな感じ。
大小、安い高い、重要性の序列など、程度によって分類する方法。対象となる情報の価値や重要度を明確にしたいときに便利だ。(中略)分野別の分類とは違い、数値や単位によって程度の大小をハッキリと示すことができる。


基本的には、この5つのうちの1つ、または複数をうまく組み合わせることで、見る人の理解をたすける分類ができるのだとか。

本の中では、犬の分類例が複数とりあげられており、どれも納得感が高かった。さすが、情報の神様!

そんなわけで、この法則をいかしてblogのコンテンツを再分類してみようかな(笑)


▼関連エントリ
LATCHの法則(人は感情の生き物だ!)
後から役に立つカテゴリを立てるコツ(シゴタノ!)


それは「情報」ではない。
リチャード・S.ワーマン著


at 00:37│コメント(0)トラックバック(2)

2005年09月07日

 GTD本を読みつつ「買おうかどうしようか」と迷っていたラベルライター。聖幸さんのblogでテプラのエントリを読み、あらためて購入を決意。

 近所のヨーカドーでテプラ(TEPRA PRO SR40)が安くなっているのを発見し(なんとヨドバシより安い!)、昨晩閉店まぎわに滑り込んで購入してきた。

 今朝実験をかねて1枚印刷。先日つくったファイルに貼ってみるとちょっと立派な感じにみえる。これはいいかも!

 息子も初めてみる機器に興味津々の様子。これからラベルづくりは彼にお願いするとしよう。

img20050907.jpg


▼関連エントリ:
GTDとA5ノート
自宅でもGTD:一般参照ファイル

追伸:
 GTD本の日本語訳『仕事を成し遂げる技術』には、テプラ等のラベルライターは次のように紹介されています。(p.129)
 ラベル貼り器は、大変重宝するツールです。私がかつて相談にのった何千という管理職やプロたちや家事に携わる人達は、今では自動ラベル貼り器を自分用に持っています。私のもとには、「信じられない。こんなに大きなちがいがあるなんて思ってもみたかった!」といった、彼らのコメントがたくさんよせられました。ラベル貼り器はあなたのファイルフォルダー、バインダーの背にラベルを貼るのに使うといいでしょう。

 著者デビッド・アレン氏のオススメは「ブラザー・ラベラー」だそうです。テプラは海外進出してないのかな?


hirocの七徳 実践記録■(昨日の結果)
続きを読む

at 07:03│コメント(0)トラックバック(1)

2005年09月05日

GTD(Getting Things Done)にて、整理(Organize)の一環で紹介されている「一般参照ファイル」。テーマ別にペーパーフォルダに入れてタグ付けし、五十音順(原著ではアルファベット順ですが)に格納したもの。

それだけのものなのではあるのだが、会社で使ってみると結構便利なことがわかった。自らの頭にある課題がタグ名となって五十音順にならんでいるので「え~と『契約』フォルダーは…」とか「『Subxxx問題』がらみは…」とか「ざ、ざ、『残問題処理票』。あった!」など検索がしやすいのである。

今後、住宅がらみの資料が大量に発生することになるので、昨日自宅にも「一般参照ファイル」を作成してみた。100円ショップを活用して、クリアフォルダ30枚(5枚入り100円×6)とクリアファイル2つ(200円)とA4ボックス(100円)でしめて900円で調達完了。とりあえず、契約関連を一式ファイルにまとめたうえで、残りのパンフや資料を「家具」「キッチン」「設計プラン」「予算」などにわけてクリアフォルダに入れてみた。これで少しばかりテーマが増えてもしばらくは大丈夫そう。

ふだん机の上に本をあふれかえらせている僕の意外な整理っぷりをみて、嫁さんも「お~、すごい」と感嘆し、ポイントアップになった模様。GTD の意外な効能を発見!(笑)

img20050907.jpg

▼関連エントリ:
 ・GTD と A5ノート


hirocの七徳 実践記録■(昨日の結果)
続きを読む

at 08:29│コメント(2)トラックバック(0)

2005年07月22日

 発売は昔のことなのに、突然人気があがってくる商品がある。

 blog 界隈で最近じわじわ広がりをみせる「GTD」もそんなものの1つ。火付け役はたぶん以下の記事。

  ▼時間と仕事の整理術『GTD』がカルト的人気 (HOT WIRED)

 GTD は "Getting Things Done" の略で、デビッド・アレン氏が提唱している「ストレスフリーな行動管理術」。日本では 2001年に翻訳された『仕事を成し遂げる技術』( bk1, amazon,)という本に詳しく書かれている。(いまみたらなんと amazon.co.jp で 6位!)

 当時購入して「こりゃ、いい!」と共感し、「2分間ルール」などいくつかは実践していたけれど、システム全体ととしては取り入れきれていなかった。最近仕事で混沌としている頭を整理するため、1~2ヶ月の間再読しつつ再度実践しようとしている。

 僕の場合は、樋口健夫さんの「A5ノート術」も取り入れているため、ここに組み合せることを試行中。「次の行動」を状況別にシートとしてはさみ、やるべきことをポストイットでぺたぺた貼っている。

GTD_and_A5notebook2.jpg

 ストレスフリーって言葉にはあこがれる。今回のもりあがりのなかで身につけていきたいなぁ。

(参考リンク)
 ・GTDワークフロー (拡張版はこちら

追伸:
 別サイトにて GTD の実践レポートを掲載することにした。
 これを機にやってみようかな、という方はぜひコメントなどでご参加を。

 ▼実践レポート/『仕事を成し遂げる技術』


仕事を成し遂げる技術
デビッド・アレン著


at 08:18│コメント(4)トラックバック(2)

2005年07月05日

先日エントリした『人の心を動かす文章術』で発見し、妙に心にのこったのが「樋口流文章の型」。

文章を次の4つのパートで構成すると、人に読ませる文章ができあがるのだとか。

 ・予告
 ・エピソード
 ・展開
 ・まとめ

僕としては、「エピソード」の解説を読んで「なるほど~」と声がこぼれるほど納得。なかなか実践できてないんですよね。

 ▼実践レポート/『人の心を動かす文章術』 > 樋口流文章の型

最近は、このblogのエントリにもこのノウハウを活かそうとしているところ。
僕自身まだまだ修行中だけれど、ご興味のある方はご一緒に実践しませんか。



at 12:53│コメント(1)トラックバック(0)

2005年05月08日

昨日の記録 4222。
近場で過ごしたのでいつもより少なめ…。

今年の正月から、ほぼ毎日「万歩計」をつけて過ごしている。
1日1万歩を目標にしているが、達成はなかなか難しい(いまは週に1~2回1万歩越えしている程度)。もうちょっと達成頻度をあげたい。

そんなわけで、楽しみながら1万歩越えを習慣にする方法を考えていて、BlogPeopleの仕組みを使うことを思いついた。達成の喜びをみなで共有しようというこんなココロミである。

 ▼万歩人(まんぽじん) - トラックバック・ピープル 【ID:02614】
 
manpo-jin.png

万歩計ってつけたことありますか?1日1万歩って、がんばって歩かないと達成しないレベルですよね。そこで、見事1万歩を達成した日は自分へのご褒美としてトラックバックしてみてください。みんなで喜びを共有しましょう。

blog を検索してみると、1日1万歩を目指している方はけっこう多いみたい。

趣旨に共感していただけるようなら、万歩計で1万歩を達成した日(そうでない日ももちろん歓迎 ^^;)に万歩人にトラックバックを飛ばしてみて下さい。

トラックバック先URLはこちら。
http://member.blogpeople.net/tback/02614



hirocの七徳 実践記録■(昨日の結果)  おぉ、久々!!
続きを読む

at 07:30│コメント(1)トラックバック(0)

2005年04月26日

僕のワクワクの源泉であり、ミッション・ステートメント。

この原則を中心に、日々の選択をしていきたい。
『7つの習慣』を読みつつ、そんなことを考えている。

7つの習慣
川西 茂 / Skinner James J. / Covey Stephen R.


at 01:50│コメント(2)トラックバック(0)

2005年01月19日

別に運用しているサイトから。

 ▼Idea/食事の時間はテレビを消す

僕の家では毎日実践中。

子どもが生まれた頃に思いつきで始めたのだけれど、結果としては大正解。
みなさんのご家庭ではどうですか?
(上のページではアンケートも実施しています。よろしかったらご回答ください)


at 12:48│コメント(2)トラックバック(0)