2005年11月12日

先日受講した研修で聞いた話。
講師の方によればマネジメント論・組織論では有名な寓話らしいのだが、Web上には日本語文献はほとんどみあたらない。

てなわけで、ようやく見つけた「アピリーンの逆説 - 湘南蹴鞠屋」さんから引用させてもらうことにした。

暑い暑い夏の日、場所はテキサス州コールマンという田舎町。ある老夫婦とその娘夫婦の四人が午後のひと時を過ごしていました。外は太陽がジリジリと照りつけ砂も舞うこの季節、自宅のテラスでゆっくりと冷たい飲み物でも飲みながらトランプでもするのが一番の過ごし方だと、四人の誰もが知っていました。ところが老人は「折角の娘夫婦の訪問だし、取りあえず言うだけ言ってみよう。誰も賛成するまい。」と「どうだい、これからアビリーンまでドライブしてカフェで夕食を取ると言うのは?」と三人に尋ねました。コールマンからアビリーンまでは53マイル(85キロ)もある上、あいにく老人の車はエアコンが効きません。誰も賛成する理由がない提案のはずでした。ところが、現実に起こったことは.....誰もがお互いに「自分は行きたくない」と言えなかったばっかりに、四人は熱気でむせ返るテキサスの砂漠を、砂を浴びながら1時間30分かけてドライブし、どうということのない夕食を食べ、同じだけの時間をかけて自宅に戻りました。誰一人、口をきく元気も失って。何がいけなかったのでしょうか?善良なこの四人は皆自分たちが何をすべきか、何をしたいかを知っていたのに。

研修では、グループディスカッションの際に「いろんな立場で意見を主張しないと議論が偏っていく」ことの警鐘としてこの話が紹介されていた。

上司やお客さんの顔色を気にしすぎて本来望まない方向に流れていく、というのは普段の仕事でも十分おこりうる話。暑い暑いアビリーンに行くハメにならないよう、よく考え、しっかり発言していくとしよう。


at 07:33│コメント(0)トラックバック(1)!! │

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Abilene paradox(アビリーンのパラドックス)  [ shiba blog ]   2005年11月13日 22:52
人は感情の生き物だ!:『アビリーンの逆説(Abilene Paradox)』で、...

コメントする

名前
 
  絵文字