2004年07月20日

昼飯を食べていた定食屋で気がついた。なんでこんなに、無言で食べ、無言で出て行く人が多いんだろうか。

一人で来てるお客さんが多かった(僕もそうだった)ので無言で食べるのは仕方がないとしても、店を出るときくらい言葉を発してもいいんじゃないかなぁ。

僕は、両親からの影響か、関西人の気質なのか、店でモノを買っても「ありがとう」と言って店を出ることがクセになっているみたい。

そんなわけで、食べ終わってひときわ大きな声で「ごちそうさま!」と声をかけ、店をあとにしたのだった。

■今日の一句■
 気分よく なるため 感謝を 声に出す

at 12:56│コメント(2)トラックバック(0)む。 │

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ごろう   2004年07月20日 18:31
「昔書いたコラムを思い出してしまいました」確かに無言ですね~お店は違いますが、昔社内向けのメルマガで書いたこんなコラムを思い出してしまいました。~せめて一言~ある深夜、あるコンビニでレジ待ちをしていた時の話です。「お待ちのお客さま、こちらへどうぞ~」「・・・」(商品をレジに置く)「○○円になりま~す」「・・・」(お金を渡す)「ありがとうございま~す。ちょうどお預りしま~す」「・・・」(レシートを待つ)「・・・あの、レシート・・・」「・・・」(レシートを受け取る)「ありがとうございました~」「!」・・・お店を出てから気づきました。(一言も口きいてないや・・・)←それも心の声(笑)せめて「どうも~」の一言ぐらい・・・疲れていたとはいえ、レジのお兄さんごめんなさい。
2. Posted by hiroc   2004年07月21日 06:46
「京都では…」ごろうさん、コラムの紹介ありがとうございます。そうなんですよね。無言でもやりとりが成立してしまうのが今の都会事情ってことかなとは思います。僕の出身は京都なので、子供のころは両親とお店の人との間での「おおきに」のやりとりをよく耳にしてました。これ、なかなか気持ちいいんですよ!関東でつかうほど染み付いているわけじゃない僕ですが、実家に帰るとついつい「おおきに」を使っちゃいます(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字