2005年10月

2005年10月30日

先週末、家族とパスタを食べにイタリアンの店にはいった。
味はおいしかったし、インテリアの雰囲気もなかなかグッド、店員さんも親切だったのだが、
1つだけ気になることが…。

テーブル席同士の間隔がが妙にせまいのだ。

斜めに配置されていたとはいえ、僕らのテーブルと隣りとのあいだは 30~35cm。たまたますぐとなりの席には人がいなかったから気にならなかったものの、座っていたらお互いに気になっていただろうとおもう。

人間心理には「パーソナル・スペース」というものがあり、親密距離に他人が入ってくるのは大きな違和感につながるのだとか。

そこからいくと冒頭のお店は1席ずつ間引くときっといい効果があるにちがいない(回転率はわるくなるけれど)。ぜひ実践してみて欲しいものだ。

▼関連サイト
人と人との快適距離―パーソナル・スペースとは何か(Passion For The Future)
パーソナルスペースとカニバサミ(ゆうきゆうのセクシー心理学)


at 00:36│コメント(0)トラックバック(0)ん? │

2005年10月23日

 色彩検定 対策テキストから仕入れたネタ。

 囲碁で使う黒と白の碁石。実は黒石と白石でほんの少し大きさが違うらしい。

 ▼日本棋院の楽しい囲碁入門教室碁石」ページより。
碁石の数の標準は白石が180個、黒石が181個の合計361個で1組となります。

サイズの基準は白石直径21.9ミリ(7分2厘)、黒石直径22.2ミリ(7分3厘)で黒石の方が0.3ミリ、また厚さについても白石に比べて黒石は約0.6ミリほど大きく作られています。

 色の心理的効果によれば、一番明度の高い白は大きく見え、一番明度の低い黒は小さく見える。その効果を計算して、実際に碁石の大きさ・厚さまで変えているところがニクラシイ。

 父親が囲碁好きだったので、子どものころから碁石は身近にあったし、よく触っていたけれど、大きさの違いにはまったく気づかなかった。いま思い返すと、厚さはむしろ白のほうがあったような気もする(これも錯覚?)。

 人間の感覚のズレを想定してつくりを変えているものって、他にもあるんだろうか?

at 09:15│コメント(0)トラックバック(0)へ~ │

2005年10月20日

COACH21のメルマガ「Weekly Coach」 Vol.324 より。

 ある本によれば、
 叱るとは「挽回への励まし」と定義されるそうです。
 つまり、結果として相手が、「よし挽回しよう!」と思うのであれば、
 それはどんな言葉を使ったとしても、叱ったことになると。

なるほど!
ことさらに威厳を誇示する必要などなく、ただ相手が挽回への気持ちをもつかがポイント。

静かにやる気を燃やすような、そんな言葉をかけていきたい。


at 21:34│コメント(0)トラックバック(0)
昨日ある方と話しているなかで、いただいた言葉。

足踏みしてても状況は変わらない。
そんなときには、まずシンプルな問いを立て、
Yes or No を自分に聞いてみる。
その答えをもとに、まず一歩を踏み出す。

この繰り返しが、人生を楽しく、ワクワク過ごすコツなんだろうな。
貴重な気づきをいただき、感謝です!


at 07:10│コメント(2)トラックバック(0)!! │

2005年10月08日

 この本は、7月に成功おたくさんがblogで紹介されていたのが妙に気になりつつも、その後あたまの奥の方におしこんでしまっていた。

 先日、本屋でとても気持ちよい青空が描かれた表紙に目がとまり、これもなにかのきっかけかなと思って購入した。この選択が大正解!

 小説のストーリーはばっさり省略するが、読後の感想はとても清々しいものだった。僕自身が主人公ルークになった気分で、ウィニーからの教えを学んでいるような気持ちとなり、後半に記された「成功の種子」を素直に読むことができた。

 今朝この「成功の種子」を音読してみたところ、静かな高揚感が得られた。しばらく読みつづけてみよう。

追伸:
 オグ・マンディーノ氏は、japantnさんのメルマガで毎日紹介されている『地上最強の商人』の著者でもある。こちらも気になる一冊。


きっと飛べると信じてた
オグ・マンディーノ 著
牧野・M・美枝 訳


at 11:49│コメント(3)トラックバック(2)感情本・人間本 │

2005年10月06日

いまさらながら、こんな記事が目に留まった。

中に“教授”が入ってます──「N901iS」の“感情お知らせメール” (ITmedia)

届いたメールの内容を解析し、どんな内容なのかを22種類のアイコンで表示する。メールが着信すると、待ち受け画面や受信BOXに「急ぎ」「好き」「嫌い」「怒り」など、22種類のアイコンが表示され、メールを開く前にどんなメールかを把握できる。

携帯を買い換えようかなと思いつつも M1000 は高いなぁ…と躊躇していた僕にとっては(古くて)新しい候補ができた。

N901iS 使っている方、「感情お知らせメール」の使い心地はいかがでしょ?

at 20:50│コメント(0)トラックバック(0)へ~ │

2005年10月05日

なぜなのか、blog に書くことが沸いてこない。
これまでと変わらず本は読んでいるし、Webも眺めてはいる。

こんなときには普段接しないものに触れるため、外に出かけてみるとしよう。

▼岡本太郎記念館
 http://www.taro-okamoto.or.jp/

at 16:40│コメント(0)トラックバック(0)ん? │