2005年06月

2005年06月29日

 ポク、ポク、ポク、ポク、チーン...。
黒い服を来た人が集まっている。泣いている人もいるけど、久々に会った仲間と笑いながら昔話をしている人もいる。会場には、しずかなそれでいてあったかい音楽が流れている。祭壇には花に囲まれた1枚の写真。そこには、ちょっぴりヒゲを生やして大笑いしている顔。ありゃ、僕じゃん!?

 唐突だけど、自分の葬儀をイメージしてみた。なぜこんなことを考えたかといえば、ギネスブックにも載っているシボレーのセールスマン、ジョー・ジラード氏の『私に売れないモノはない!』という本を読んだから。この本には、「ジラードの250の法則」という成功法則(?)が載っていて、心にひっかかったのだ。ちょっと長いけど、以下に引用。
 この仕事に入って間もない頃、友人の母親が亡くなったので、最後のお別れをしようと葬儀に行った。カトリックの葬儀では、故人の名前と写真の入ったミサカードが配られる。(中略) ある疑問が浮かんできたので、葬儀屋に尋ねてみた。
「何部刷ればいいのか、どうすればわかるんですか?」。すると彼はこう言った。「経験ですね。芳名帳を見て人数を数えていくうちに、参列者が平均250人だということがわかったんです」
 それからしばらくして、プロテスタントの葬儀屋が車を買ってくれた。成約後、葬式の参列者の平均人数を聞いてみた。彼は「250人くらいです」と言った。さらにある日、妻と二人で結婚式に出席し、そこで披露宴会場のオーナーに会った。結婚式の平均招待客数を尋ねると、彼の答えは、「新郎側約250名、新婦側約250名」だった。
 これで「ジラードの250の法則」の意味がわかったと思うが、とにかく説明しよう。人は誰でも、結婚式や葬式に招待するくらい大事な知り合いが250人いる。250人もだ!
ジラード氏は、一人ひとりがもつ「250人の縁」のプラス面・マイナス面を考慮したセールス方法をあみだし、年間1425台(1日あたり6台!)の自家用車とトラックを売ったらしいのだが、その話はまた今度(笑)。

 さて、自分の日常を振り返ってみて、その大切な人たちとどれくらい交流をもてているだろう。パッと顔が浮かんだ中にもここ数年会っていない人がいる。ドタバタしている毎日だけれど、今度の週末には何人かに連絡をとってみよう!、そのための時間を1時間とろう!。そんなことを考えてみた。


私に売れないモノはない!
ジョー・ジラード + スタンリー・H・ブラウン

追伸:
 葬儀と言えば、ジョン・トラボルタ主演の『フェノミナン』のラストシーンを思い出す(正確には葬儀じゃなくて誕生日だったかもしれない)。嫁さんと一緒に映画館に観にいって涙がボロボロ流れ出た作品。悲しいんじゃなくて、あったかくて気持ちいい涙。あらためて観てみたくなってつい最近ビデオを買いました。

at 12:56│コメント(2)トラックバック(2)感情本・人間本 │

2005年06月18日

聖幸さんからバトンがまわってきました。

 ▼俺と100冊の成功本:ミュージカルバトン

なんだか面白いので、答えちゃいます。
(なお、Musical Batonの説明はこちらが詳しいです。
 →はてなダイアリー - Musical Baton

●Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

 PCでは音楽を聴かないので、ほぼゼロ。

●Song playing right now (今聞いている曲)

 なし(夜は静かに ^.^)

●The last CD I bought (最後に買った CD)

 SENTIMENTALovers/Ken Hirai
 「キミはともだち」は息子と僕のお気に入り。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

 Out of Blue/岡村靖幸
 終わりなき旅/Mr.Children
 そばにいたい/The BOOM
 ひとり/The Gospellers
 五つのラメント/廣瀬量平

●Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す 5 名)

 のんべの劇的世界Blog版
 頬杖ぶろぐ
 知の冒険 @ Windfall
 * Gallery

そんなわけで、運良くこのエントリを読んでおられるようならよろしくです! > みなさま


おまけ:
 日本のblogへ波及していった過程をおいかけた人もいる。
 hxxk.jp:Musical Baton の泥臭いまとめ
 いやはやすごい!

at 03:08│コメント(3)トラックバック(3)
キャッチコピーが好きだ。

ぎりぎりまで短くコンパクトにしつつも、韻やリズムを大事にして意味のとおるフレーズにまとめるのは、とても高度な知的作業だと思う。

そんなわけで、ついつい電車の中吊りや雑誌広告に目がいく僕が、最近とても気に入っているblogがこちら。

TCCC(東京C級コピーライターズクラブ )
 http://copy.jugem.cc/

TCCCは、コピーライターのこーさくさんが、その日の朝刊に掲載された新聞広告のなかから気になるキャッチコピーをピックアップするblog。眺めているだけで、脳みそがくすぐられる感じで気持ちいい。

一方的にファンです!

at 01:47│コメント(0)トラックバック(0)

2005年06月15日

 日本一はなるものではなく、作りだすもの!?

 樋口裕一さんの『人の心を動かす文章術』を読んでいて浮かんだフレーズ。

 小論文指導を仕事にしている樋口さんは、自身を「下手な文章を大量に読み添削した人」として日本一だろう(少なくとも十指には入る)と評している。

 うまい切り口を作り出せば、誰でもが日本一や世界一になれるはず。さて、僕はどんな切り方で日本一を目指そうか(笑)



※大ベストセラーとなった『頭がいい人、悪い人の話し方』はなんとな~く読む気がしないのだけれど、この本はいいです!!

at 08:11│コメント(4)トラックバック(0)!! │

2005年06月12日

タイトルは、有限会社私には夢があるの和田清華さんの著作『その夢はいつやるんですか?』で出会った驚きフレーズ。

学生時代、中谷彰宏さんの本を出版していた会社(オータパブリケイションズ)の編集部におしかけて放ったセリフがこちら。

「今日からでも働けませんか?給料は要りません。中谷彰宏さんの編集をしたいんです。何でもします。やる気はあります。中谷さんの本は350冊全部読みました」

この猛烈アピールのあとバイトとして採用され、なんと半年後には本当に中谷さんの本の編集を担当したのだとか。うーん、すごい!

その他、和田さんの会社立ち上げエピソードもまじえつつ「とにかく行動。自ら動くべし!」という指針が語られていて、とても元気がでる1冊。

さらりと読めるけど、とても味わい深いです。





at 11:52│コメント(0)トラックバック(0)驚! │

2005年06月11日

 「将来何になりたい?」

幼稚園の頃、こう聞かれると「大工さん!」と答えてた。

いまとなっては理由はよく覚えていないけど、当時の僕は1からモノをつくっていく仕事になんとなく憧れていたみたい。

数十年たって、息子に同じ質問をすると

 「プロ野球選手!」

と答える。父親としては微笑ましいのだけれど、今朝の朝日新聞に載っていたコラム「糸井重里さんからあなたへ」を読んでちょっと考えこんだ。

 世界一だの、でっかい夢だの、言うだけはタダだし、みんなが言いたがります。しかも、みんながそういう大きなことばを聞きたがります。だけど、そういう夢語りのインフレのせいで、夢をほんとうにかなえたい、という本気さが薄くなってしまったように思えるのです。

これは、子供の夢だけの話じゃない。
大人の夢だって同じ。

 たぶん、ほんとうにいまメジャーリーガーになってしまったイチロー選手にしたって、野球をはじめたばかりの小さいころには、そのつどそのつど、小さな夢をかなえることをくりかえしていたのだと思います。
 (中略)
 ぼくは、このごろよく言うようにしています。「夢が小さくていいねぇ」と。本気の夢はコンパクトなんです。

夢をもつことの大切さは、その夢の大きさではなく、それを叶えようという想いの本気度とそれを叶えたあとに次の夢を抱くことにあるような気がする。

「夢」と「目標」のちがいってことなのかもしれないけど、自分に近づけて考えるのがポイントかな。。

at 13:13│コメント(0)トラックバック(0)!! │

2005年06月05日

普段なにげなくやっていることを、敢えて言葉で解説してみる。
これって簡単なようで難しい。

そんなココロミに「知化道(ちかみち)」と名前をつけて、Knowing-Doing で実施中。

 ▼知化道/自転車に乗るコツ

このページは誰でも編集可能な Wiki って仕組みでできている。
あなたの苦労話や乗れるようになったきっかけを言葉にしてみませんか?

at 08:09│コメント(0)トラックバック(0)想! │
聖幸さんのblogにて、おもしろそげな企画が展開されている。

 ▼[俺100]「私と5冊の成功本」あなたの選ぶ成功本を5冊教えてください。

タイトルどおり、自分の座右の成功本、最近感銘を受けた成功本、いつも読んでる成功本などなど、成功本5冊を教えてください。
成功の定義も人それぞれかと思いますので、成功本の定義もおまかせします。
もちろん小説でも漫画でもかまいません。
とのこと。

参加形態は聖幸さんへのメール送信。
特典として、投稿した人の選んだリストを送ってもらえるのだとか。ツイてる!

3冊はパッと思いついたので残り2冊を考えてみようっと。



at 07:55│コメント(0)トラックバック(0)

2005年06月04日

otona-ha-nagai.jpg

JRの吊り広告で見つけた素敵なコピー。
そう、大人の道は長いんだよね。

 ▼JR東日本 大人の休日倶楽部


このキャッチコピーをとりあげている気の合う方(笑):
Big Kahuna Burger:大人は、とっても長いから。




at 13:50│コメント(0)トラックバック(0)言葉のごちそう │

2005年06月01日

ちょっと前に読んだ本。

体感知の3ステップ(ぼんやりわかる→割り稽古ふうにわかる→「あぁ!」とわかる)に納得!問題は創るもの、というフレーズにもしびれた。




●マインドマップ
せっかく書いたので載せてみた。読めるかなぁ?
mm-taikanchi.jpg


at 12:32│コメント(0)トラックバック(1)感情本・人間本 │