2005年03月

2005年03月31日

 「あ、どうぞ」
 「すいませんね。どうも、ありがとう」

最近、そんなやりとりが増えた気がする。
通勤で使っている横浜市営地下鉄の車内での光景。

平成15年12月からはじまった「全席優先席」制度。
はじめは否定する声もあったけど、かなり定着してきたように思う。

 ▼市営地下鉄はすべての座席が優先席です(横浜市交通局)

実際、僕も席を自然に譲りやすくなったし、譲られた人も素直に受けてくれる人が多くなったように感じる。昨日も何度か爽やかなやりとりのシーンに出くわした。

こういう小さな改善の結果は、やってみないとわからない。
アイデアを出し実践した市営地下鉄の職員の方々の勇気と、それをバックアップした中田市長の決断にあらためて拍手!


at 07:34│コメント(0)トラックバック(0)

2005年03月30日

 喜、怒、哀、楽、
 笑、驚、快、恥、
 幸、寂、奮、謝、
 ・・・

感情を表す漢字って、一体いくつくらい知っているだろう?
また、日常どれくらいを使いこなしているだろう?

人を動かす! EQマネジメント』の「自分の感情を知る三つの方法」という節を読んで、そんなことを考えた。

著者高山さんはこうも書いている。

 今のあなたの感情はどれに当てはまるでしょうか?
 あなた自身の感情を表す言葉の表をつくり、意識してそれらの言葉を用いて自分の感情を思い浮かべる習慣がつくと、自分の感情を正しく認識できるようになります。

なるほど。確かに認識が高まる気がする。
この blog のカテゴリも少し見なおしてみようっと。


2005/3/31追記:
 blogカテゴリ名を感情漢字に変換しはじめた。現在半分くらい完了。
 ふさわしい漢字を考えるのってやってみるとおもしろい。


at 06:09│コメント(3)トラックバック(0)想! │

2005年03月22日

最近あたまの中がやや散らかり気味なので、blogの更新頻度を落とすことにします。

しばらくたって、また毎朝サクサク書くようになっていたら、「そっか。ようやく順調にまわりはじめたんだな」と思ってもらえば正解です。

それでは、ブクブクブク…。

追伸:
 少し前の百式に「毎日続ける秘訣」というエントリがあったのを思い出した。
 田口さんの「毎日続けられることを続ける」というセリフには妙に納得。目標を下げることになるかもしれないけれど、こういう逆転の発想って煮詰まっているときには大切かも。
 そんなわけで、今日の歩みの記録だけは続けていこうっと。

at 06:24│コメント(2)トラックバック(0)想! │

2005年03月20日

ここ2週間で読んだ本が8冊。
フォトリーディングの効果は如実に現れているらしい。

『ハッピー社員』
『30歳からの成長戦略』
『まず、人を喜ばせてみよう』
『仕事で遊ぶ社員が会社を強くする』
『シナリオプランニング』
『EQ こころの鍛え方』
『「口ベタだっていいじゃない」と思えるコミュニケーション力養成講座』
『EQ こころの知能指数』

たくさん読めるのはよいことなのだが、このまま読んでっていいのかちょっと気にもなる。
いったん立ち止まって考えてみよう。

※このエントリは再度書き加えます。


at 10:01│コメント(0)トラックバック(0)感情本・人間本 │

2005年03月18日

050318_1018%7E01.jpg思った以上に盛況です。

野中さんの話はあいかわらず面白い。

これからバックマンさんの話です

at 13:49│コメント(0)トラックバック(0)

2005年03月16日

河野さんの smashmedia にて、次の記述を発見。

リマインダがうまくいった理由はもっと単純なことなのです。それは「使命感」があったからです。
使命感は強いです。周囲の雑音も、社内の政治性もすべてを覆すだけの強さがあります。

自らの4年前を思い出し、たしかに突き動かす使命感があったよなぁと思う。

いま、使命感をどこに見出しているか。
真剣に(not 深刻に)考えてみよう。

at 12:54│コメント(0)トラックバック(0)揺! │

2005年03月13日

2000~2002年にかけて各種雑誌や書籍のタイトルに踊っていた「ナレッジマネジメント」や「KM」という用語。最近耳にする機会が減ったように思う。手法・思想として定着してきたということなのか、はたまた一時のブームが過ぎ去ったということなのか…。

そんな日本のナレッジマネジメントの「いま」を考えさせてくれるイベントが、今週末都内で開催される。

▼The Knowledge Forum 2005
 ~進化する日本の知 Japanese Chi: Edge of Evolution~
 http://www.kmsj.org/tkf2005/

 企業は地球社会の公器でもある。地球にやさしい地球コミュニティの中で、企業のあるべき姿とは何であろうか?
 自由競争の原理の中で、環境に配慮した持続的成長のできる企業像を探るときが来ている。
 特に、知の社会における企業経営のベストプラクティスを構築することは、我々の使命である。使命を達成するためには、世界の知を結集して、知の経営(Knowledge Management/Chi-Managemen)を昇華させることが、社会の負託に応えることである。  
 第1回、TKFにおいては、日本の「古(いにしえ)の知」、「固有の文化」、「匠の技」、「人の心」等に焦点を当て、知の経営について広く内外に紹介し普及させるために、第8回年次大会を国際会議“The Knowledge Forum”として開催する。

大会趣旨はちょっと気張り気味(^^;)ではあるものの、スピーカの顔ぶれをながめると興味深い話がきけそうな感じ。

個人的には、よく事例にも出てくるバックマン研究所株式会社武蔵野の話を生で聴くのが楽しみ。

ネット上には意外と情報がなさそうなので、直前だけど宣伝しときます。

at 11:52│コメント(3)トラックバック(1)ん? │
ネット上にはほんとにいろんなサイトがある。
windfallさんの知の冒険 経由で、また1つおもしろいサイトを見つけた。

▼"Someone keeps stealing my letters..."
 http://web.okaygo.co.uk/apps/letters/flashcom/

Flashでできた文字を奪い合うという単純なゲームなんだけど、同じページを見ている人はお互いにアルファベットを動かすことができる。

僕が参加したページでは、ある人がエッチな単語をつくろうとしてたり、ある人は同じ色を集めようとしてるし、またある人は”BOKU DORAEMON”なんて言葉をつくって楽しんでいた。

各人各様の思惑がうごめくこのサイトでしばらく過ごしていると、思いもかけず感動の瞬間に遭遇した。なんと参加者全員でこんな形(↓)をつくりあげたのだ!

img20050313.jpg


実際には、壊そうとする人や真ん中にセリフを書こうとする人もいたのだけれど、みなでそれを阻止し、いびつだった形を整えながら、ついにはきれいなハート型に!

参加者の心が1つになる不思議な体験。すご~く得した気分になった。

at 00:23│コメント(3)トラックバック(0)初! │

2005年03月12日

Referer を辿ってみると見なれぬ URL が…。

▼一目瞭然検索エンジン
 http://www.marsflag.com/

検索結果が画面キャプチャで表示されるというおもしろいインタフェース。
ここ1週間あまり blog をみれなかったので気づかなかったが、いろんなところで話題になっているみたい。

ちなみに、MARS FLAG では火星の土地プレゼントキャンペーンも実施しているらしい。

販売元はルナエンパシーという会社。しかし、勝手に売っちゃっていいもんなの?


at 13:06│コメント(0)トラックバック(0)ん? │
050312_0014%7E01.jpg
胸ポケットサイズの手帳にマインドマップを書いてみました。

けっこう書けるもんだ。

at 12:59│コメント(2)トラックバック(1)お! │