2006年01月08日

先日読んだ新聞記事より。

フィギュアスケートの村主章枝(すぐり・ふみえ)さんへの「自己管理術」についてのインタビューで、こんなやりとりがあった。
-スポーツ選手として日頃意識していることは。

 (中略)

「知識を高めるためにそれ以外の本(引用注 集中力に関するもの以外)も色々読みます。実用的な本が多いですが、コーチングの本などは面白いですね。ビジネスマン向けの本ですが、スケートにも当てはまるんです。私は教えられる立場ですが、本を読んで勉強することで、先生(佐藤信夫コーチ)はこういう事を思って言っているのかな、と分かってきたりする。こちら側もやりやすいんです」

(出典:日経産業新聞 2006年1月5日 19面「村主流 自己管理術に学べ」)


コーチとして活躍する人たちはほとんど自分自身にコーチをつけているらしい。もちろん、コーチング技術を高めることが主目的だろうが、コーチングを受ける立場を理解するためにも重要なことのようだ。

一方、コーチングを受ける立場の人がコーチングを学ぶという話はあまり聞いたことがなかったが、考えてみれば確かに有効そう。

逆の立場からの視線でうまくいく方法を見つける、というアプローチは他の分野でも活用できそう。フォロワーとしてリーダーシップを学ぶ、顧客としてマーケティングを学ぶ、施主として住宅建築を学ぶ etc.

意識して逆の立場にたってみよう。


追伸:
 Wikipedia上の村主さんのページをみると、大学では教育学部に在籍していた、とある。コーチングについてはその頃に勉強したのかも。


at 06:14│コメント(0)トラックバック(0)へ~ │
先日、2006年から2010年の5ヵ年計画(野望?)を載せたのにつづき、今年1年の目標について考えた。

発想七日!の新年1発目のお題「【黄金の金曜日】2006年の目標」に反応する形で、あれもこれもではなく1つだけに絞って…。

● 1. 2006年の目標を一つだけ教えてください。

 2006年12月31日までに、各界のアイデア実践人(*)たちが Knowing-Doing(ノゥイン・ドゥイン) 上でお互いの気づきやノウハウをイキイキと交換している状態になること。(目安としてコミュニティの規模は 1,000人程度)

*アイデア実践人...自らのいる場所(組織)の価値を高めるために、新しいアイデアを外部から入手し、フィットする形にしたうえで実践する人。

●2. なぜそれを目標にしたのですか?

 「アイデア実践人」という存在は、今後 各組織のなかで重要な役割を担うはず。一方で、こういう人は実践のための情報やノウハウに飢えていて、そんなやりとりができる場所を求めているから。

 あと、僕自身が「アイデア実践人」を志向しており、こういうコミュニティが賑わってくると自分も恩恵を受けられるから。

●3. その目標は、あなたにとってどのくらい大変ですか?

 かなり大変。
 「寝ててもできる」を1、「天地がひっくりかえってもできない」を10とすれば 8 くらいの難しさ。とはいえ、考え方を変えれば不可能の話ではない、と思っている。

●4. その目標が達成されたとき、一番喜ぶのは誰ですか?

 コミュニティに参加してくれているコアな人たち。
 あと、僕自身(笑)。

●5. その目標が達成されたとして、次の目標は?

 5ヵ年計画に書いたとおり、コミュニティへ提供するサービスの質を高め、2010年までにビジネスへと育てあげること。具体的には、NPO または企業を起こすこと。

 * * *

というわけで、恥ずかしげもなくぶちあげた。
12月に笑顔でこのエントリをふりかえれますように!!


at 00:10│コメント(0)トラックバック(1)践! │

2006年01月07日

blog上の言葉に不思議な共鳴を感じる人がいる。
僕にとって、古屋荘太さんはそういう方。

最近、古屋さんが立ち上げた個人サイト furuyasota.com にて、またまたココロに響く言葉を見つけたのでメモ。

 ▼一番大事な人に話した い、とてもくだらないこと より。
ブログを「書く」ということについて、
広告代理店のクリエイターの人との話で、

「(一番)だいじな人に話したい、とてもくだらないこと」

を書くといい という話になった。

なるほど。
まさに、なるほど!

このblogに流れつく全ての人に対して、肩肘はってカッコよく書こうとするのは僕にはキツイし、妙に時間がかかる。

僕にとって大切な人に向けて、もっと気楽にアホなことをしゃべるスタイルに変えよう。

▼関連エントリ:
2006年に「やめる」こと
アホになれ! ~ 『わらし仙人の「売れる自分」のつくり方』


追伸:
 このエントリは、あの人、この人の顔を思い浮かべながら、肩の力をぬきつつリラックスして書きました。

追伸2:
そんなわけで、blog の書き場所も思案中。
ドリコムさんは好きだし、応援したいんだけど、気楽に書くスタイルにはちょっとあわないので…。(ごめんなさい!)



at 08:46│コメント(7)トラックバック(0)言葉のごちそう │

2006年01月06日

先日読んだ『企画心』にて紹介されていた「五感を磨くためのチェックリスト」がおもしろい。

五感を磨くための「行動」をあげ、毎月それがでてているかをチェックするもの。

著者阪本さんが例にあげていたのは、次のような行動。(p.160)
・映画館に行く
・演劇に行く
・美術館に行く
・音楽会に行く
・旅に出る
・海を見に行く
・小説を読む
・人気の店に行く
・運動する
・初体験する
・楽器を演奏する
・料理する
・食事マナーを学ぶ
・掃除する
・くだらない買い物をする

マスコミやネットを通じて入ってくる情報を追うのではなく、普段触れないものを意識的に体験する。それによって、美意識、見えないものへの敬意、こころの豊かさを得ようとする。こういいう行為が、最高品質の企画を目指し、自分自身もQOLの高い生活をするために大切なことのようだ。

おおいに納得したので、オリジナルをもとにMyチェックリストをつくることにした。ver1.0は以下の10個でスタート。
・映画館に行く
・美術館に行く
・小説を読む
・人気の店に行く
・初体験する
・楽器を演奏する
・くだらない買い物をする
・スゴイ人に会いに行く
・ステキな人をウチに招く
・掃除する(捨てる)

at 07:46│コメント(0)トラックバック(0)践! │

2006年01月04日

梅田望夫さんblogの年末エントリ(「やめること」を先に考えよう)がどうにも気になってたので、おそまきながら反応。

■2006年やめること
・新聞を念入りに読むこと
 →15分以内でさっと目を通す
・いたずらに読了本の数を増やそうとすること
 →つまらんかったらやめる。ねかす
・かっこよく見られたいために推敲すること(メール、blog)
 →まず出す。それでもってさらに考えて追っかけ返信する
・mixiの徘徊
 →リンク申請があったときにチラリと覗く程度にする

そんなこんなで新しいことをやる時間を捻出しよう。

at 07:06│コメント(3)トラックバック(0)想! │

2006年01月03日

1月3日の朝日新聞 文化総合面より。

 三菱総研などが03年に行った感動に関するアンケートでは、10、20代は約5人に1人が週に1度以上感動し、3人に1人以上が、もっと感動するため意識的に映画を見るなどの行動をとっている。全体の89%が「来年はもっと感動したい」。

ってことらしい。

「週に1度以上感動」というのはかなり頻度が高い気がするが、「感動」の定義やらレベルが人によって違うだろうからなかなか定量的な調査は難しそう。

一方、記事中で紹介されている三菱総研の吉池さんの「感動」の説明には納得感がある。

感動は、感情が未知の領域に達し、閾値(しきいち)を超えてこそ起きる。

僕は、biographyにもあるとおり、自他ともに認める「涙腺がゆるい」ヤツ。ただ、ここ最近感動で大泣きした記憶をふりかえると、1997年に映画「フェノミナン(PHENOMENON)」を観たときと、2004年に『夜回り先生』を読んだときくらい。歳を重ねるにつれて、未知の領域が減っているのか、閾値があがっているのか…。ひょっとすると、感動につながる経験が減っているのかもしれない。

今年は、月に1度は感動する30代を目指し、新たな経験を求めていくことにする。


at 12:03│コメント(0)トラックバック(0)感情 │

2006年01月02日

 企画力は、空中にある目に見えないATM機からお金を引き出すことのできるカードのようなもの。著者阪本さんのコトバはいつもイメージが湧いてくる。

 14年前ソフトウェア開発会社で働きはじめた僕は、5年ほど前から「開発屋」としてよりも「企画屋」として生きていきたい、と考えるようになっていた。これまでに大小いくつもの企画をねり、社内で実践してきたが、今ふりかえっても「よっしゃ!」と満足いくものはせいぜい3つ程度。今後も、もっと量を増やして「代表作」を増やしていくつもりだ。

 そんな「企画屋」指向の僕にとっては、この『企画力』は心にたくさんひっかかる箇所があった。特に気になった3箇所を以下でご紹介。

●企画の主語は「自分」
 すべての企画の出発点は、君の「おもい」だ。「思い」でも、「想い」でも、当てる漢字は何でもいい。
 「わしはこうしたい!」
 「世の中にこれをアピールするのだ!」
というおもい。魂と呼んでもいい。
 (中略)
 よくある議論は「ニーズ(needs)」か「ウォンツ(wants)」か、というものだ。結論を先にいる。主語が企画する君自身なら、両方とも必要だ。主語が君自身以外のだれかなら、両方とも無意味だ。
 誰かのための企画であっても、一番最初に熱狂させるべきは自分だ。「アンケートによれば…」なんて話は他人を巻き込むときには有効かもしれないが、まずは自らを納得させられるかどうかを考えてみよう。

●QOLを上げてこそ企画
 企画のゴールをQOL(生活品質)向上としよう。ほんの1ミリでもいい。企画で実現する価値が、生活者・顧客のQOL向上に役立つものにしよう。
 「それで何が変わるの?」に答えられないといけない。「今のままじゃ何がまずいの?」という問いに青臭い答えでもいいから返していこう。言葉を探すことでおもいが固まっていくことだってある。

●「なんじゃこりゃ?」でいけ!
 企画品質を簡単に見る方法がある。企画を目にした人が「ナントカみたい」と言った途端、アウトだ。「なんじゃこりゃ?」と当惑したら、きっとその企画はとても良い出来映えのはず。世界でたった一つのオリジナル。君の企画は、Only One でなくてはならない。
 当惑顔を歓迎しよう。変人と呼ばれることを喜ぼう。その道こそがきっと成功へつづく道。


 本書には、他にも気になるフレーズがたくさん散りばめられている。以下、僕のフィルタにひっかかったフレーズたち。

・企画は通すためにあるのではない。君のおもいを世界に向けて発信するためにあるのだ。
・「サプライズ!」を。企画を聞いた人が、企画書を読んだ人が「アッ」と驚く仕掛けを考えよう。
・企画育てに必要なのは、「この企画を実現するのに、やらなくてもいいこと」がはっきりわかることだ。
・企画している当の本人である君が楽しくて楽しくて仕方がなければ、大成功するし、逆なら、見るも無残な結果になる。
・良い企画は企画した人の身体からにじみ出る、論理を超えた感情から生まれるものだ。
・企画を作ったら、物語も一緒に考えよう。相手に売り込むためには、物語が大切である。

 2006年1月の読書は「企画」をテーマに進めていくつもり。本棚に積んである企画本、これまで読んだ企画本のなかからよさげなものをピックアップしていくので、乞うご期待!


企画心
阪本 啓一著


追伸:
 巻末の「企画品質チェックリスト」はココロに刺さるものがある。今後、企画を思いついた際には常にチェックしてみよう。 続きを読む

at 14:15│コメント(0)トラックバック(1)感情本・人間本 │